フランスワーズ・モリスとは

「フランソワーズ・モリス」はエステの本場パリでNo1 の技術と事績をもったエステティシャン養成功がバックボーンにあります。

フランス最高峰のエステ学校

「フランソワーズモリス」の素晴しさの背景には何よりも技術の確かさと伝統があります。
「フランソワーズモリス」は、ルネ・モリス、フランソワーズ・モリス夫妻が1947年に創設し、フランス文部省公認となった世界で初めてのエステティック専門学校です。
以来、フランス国家試験合格率№1の実績と伝統ある専門校として求められ、ゆるぎない地位を築いています。

salon2

世界が認めるテクニックと理論

フランスのエステティックは1963年に国家試験ができ、エステティシャンの制度や身分が確立されました。
フランソワーズモリス校の創設者モリス夫妻は、テクニック・ア・セック(特殊マッサージ)とキネプラスティ(運動形成療法)を基にした、手だけを使って肌の組織を引き締めるオリジナルハンドテクニック「モリス式ソワン」法を開発し1938年にエステティックサロンを開業するに至りました。
モリス式ソワンの高度なテクニックと医学的な深い理論は、長年にわたりパリ各界の一流の女性たちから支持を受け続け、世界各国で認められています。
この特殊なマッサージテクニックはフランソワーズモリス校でしか学ぶことができない技術です。

salon3

伝統校の教材「フランソワーズモリス化粧品」

60年来の伝統校でエステティシャンたちを育てる教材として使用されているのが「フランソワーズモリス化粧品」です。
「フランソワーズモリス化粧品」の一番の働きは、本来人間がもっている再生能力を引き出す手助けをすることです。豊かな土壌で育った自然の植物の精油や若返りのエキスなど天然の素材を厳選して贅沢に使い、最も低刺激でかつ有効性を追求しています。
「フランソワーズモリス化粧品」は、モリス氏の開発したオリジナルハンドテクニック「モリス式ソワン」で化粧品の成分をお肌に浸透させることにより、皮膚細胞の生命力を高めよりすぐれた効果を発揮するのです。

salon5

本物しか認めない女性達が信頼するエステティックサロン

フランスはパリ・シャンゼリゼに近い、高級地区に本店を構えるフランソワーズモリス エステティックサロン。パリ各界のトップクラスの女性達から絶大な信頼を集めている事で、その技術の確かさが証明できます。中でもフランスの有名女優達の多くが、フランソワーズモリスに肌を預けています。
「モリスの基礎化粧品、化粧品を使用しなければロケはしない」と言ったある有名女優のエピソードまであるほどです。
彼女たちは本当に美しい肌をつくるテクニックと化粧品を、何よりも高く評価しているのです。

salon1

フランソワーズモリスの誕生

1938年 フランソワーズモリスパリでエステティックサロンを開業

フランソワーズモリスは、キネジテラプート及びペディキュアの国家免許取得後、美容治療へと自分の道を方向付けていきました。 そして彼女の医療学歴(知識)としっかりマスターしたマッサージ技術が<キネプラスティー>と呼ばれるエステティック治療技術を完成させ、サロンを開業するに至りました。

1947年 フランスで初の文部省公認のエステティシャン養成校を創設

”水準の高いエステティシャンを養成する”という教育方針の基に開校。 現在この学校がフランスで1位の地位にあるのは、科学知論の習得と徹底した技術訓練が必要と考える、モリス女史の理念が正しいという証明でもあります。

1963年 フランスにおいてエステティシャンの国家認定資格が成立

モリス女史の教育姿勢は、国家免許制度設立に大きな貢献を果たし、エステティシャンの社会的地位の確立につながっています。

1985年 モリス女史 フランス文部省の技術教育顧問に任命

その後、実績ある教育活動とエステティシャンという技術職業の確立に取り組む姿勢を評価され、フランス文部省の技術教育顧問に任命。 国家試験公認審査官、公認審査委員長の役目を果たしています。現在もフランスにおける美容界の第一人者として第一線で活躍しています。

1990年 エステティックスクール日本校 開校

フランソワーズ・モリスのエステティックスクールの日本校として、当校では‘90年春開校し、その頃より現在のテーマである「美容と健康」を合わせた授業を展開してきました。 スクールを卒業後は併設の東京・大阪にあるフランソワーズモリス直営のエステティックサロンで技術のみならずビジネスステージでのノウハウまで指導していきます。

2007年 セレクトショップ「OPAQUE」で採用

「日常のラグジュアリー」を衣・食・住・美・知・健のカテゴリーで提案する株式会社ワールドの運営する「OPAQUE」ショップにフランソワーズモリス化粧品が採用され、大阪では「OPEQUE OSAKA」で販売しています。

お問い合わせ

〒530-0001 大阪市北区梅田1-8-8 ヒルトン大阪 22F

運動形成美容療法 考案者 宮本妙子 考案1989年 Copyright (c) FRANCOISE MORICE. All Rights Reserved.